maya's blog

About programming, aws and ubuntu

マシン買い替え MacBook Air 2015 -> Ubuntu XPS13 7390

これまで

ここ2年プライベートのマシンにMacBook Air (2015)を使っていた。

2ヶ月前にラム酒(BACARDI ホワイト)をMacBook Airのキーボードにこぼしてしまい、キーマッピングが壊れた。 「-」キーを押すと、ハイフンが入力されるのと同時にディスプレイ明暗レベルが1つ下がったり。

一番困っていたのが、英字・ローマ字切り替えキーを押すとMission Controlが効いてしまい、英字→ローマ字に変更するには2度同じキーを押す必要があった。 修理見積もりをすると9万程かかるらしく、であればもう新しいマシンを買ったほうがいいよねと判断した。

僕は大学の頃に授業でC言語や統計解析をしていて、大学の計算機室マシンがlinux(vine)なのもあって当時のマイマシンもLinuxだった。

それからweb系開発会社に就職することになったので、macに切り替えた。 MacBook Air(2015)は2年ほど使っており、職場マシンもMacBook Proを使っている。

マシン変更きっかけ

ふと考えてみると、僕は特にmacにこだわりがない。

開発はサーバサイド・インフラがほとんどでadobe製品を使うことも滅多にない。 加えて、macのラップトップ製品といえばMacBook ProMacBook Air, MacBookがあるが、それ以外に選択肢がないのが個人的に嫌に思っていた。

という思いもあり良いきっかけもあったので、再びlinuxに戻ることにした。

Dell XPS13 7390

色々と探して選んだのがDellXPS 13(7390)。

調査すると、どうやら海外で販売している同じモデルではDevelopers Editionというものがあり、Ubuntuがデフォで入っているとのこと。

それを買ってもいいけれど、確か技適が対応してなかったかな?(ちゃんと調べてない) それと、海外で購入するのが億劫なのもあって、日本向けに販売されているものを購入することにした。

まぁ多分マシン自体は同じだから(憶測)、自分でLinux入れればいいんじゃね?という安直な判断。

デフォでWindows 10が入っているけど、僕は開発用途にWindowsは使いたくないのと、ゲームするくらいにしか使い道がないのでデュアルブートにもしないことにした。

昨日自宅に届いてから時間を掛けつつ調べつつで久々のLinuxにも慣れつつで。 Macみたくコミュニティが大きいわけじゃないので、ある程度自分で解決しないと行けない部分もありそうだ。

設定したこと

現状以下を設定済み(細かい設定手順はやる気があればこのブログにまとめよう)。

所感

触った感触 MacBook Air(2015) Mojave と比べて

  • chromeyoutubeAmazon Prive Video観るのが軽い
  • macキーバインドが全く同じじゃないのがストレス(今後慣れていきたい)
  • 再起動・ログイン時にMozc の入力モードが「直接入力」にリセットされるのでGUIで設定し直すのが面倒(ローマ字入力ができない)
    • 今回US配列キーにしたけど、日本語配列だったらこの現象起きないのかな?
  • キーボードの打鍵感はMacBook Air(2015)とか昔のmacに近いんじゃないかな?
    • 打ち方にもよるけど静かなので結構好き
  • パームレストいいね 汗の痕が見えにくいし、汚れ取れやすそう?

てな感じ。 まだゴリゴリコードを書いてないので開発用途ではどうなのかはわからないけれど、今のところ好感触。 買ってよかった。