maya's blog

About programming, aws and ubuntu

AWS Well-Architeched Framework(W-A)

AWS Well-Architeched Framework(W-A)

AWS認定ソリューションアーキテクトを取ろうと思い、AWSのホワイトペーパーを読み漁ろうと色々と眺めていたところ、このドキュメントを見つけた。 一言で言うと、システム設計する際の重要事項とそれを一覧にチェックリストにしたもの。

W-A?

20180807 AWS Black Belt Online Seminar AWS Well-Architected Frameworkを参考に。

  • システム設計・運用の大局的な考え方とベストプラクティス集
  • AWSソリューションアーキテクトとお客様の数多くの経験から作られたドキュメント
  • どの開発フェーズ(要件検討、設計、構築、運用)でも利用できる

多言語翻訳されているけれど、 2018/11/19時点で日本語版は2018/06, 英語版は2018/11に最終更新されている。 大枠はそこまで変わってないから、いっちゃん最初に日本語版を読んで雰囲気だけ掴むのでも良いかも。

ドキュメント構成

以下の2構成からなる

  1. W-Aフレームワークの5本柱
    • 運用上の優秀性
    • セキュリティ
    • 信頼性
    • パフォーマンス効率
    • コスト最適化
  2. W-Aに関する質問、回答、ベストプラクティス

ちょいと古いけど、class methodブログにチェック項目の例の記事があった AWSで優れた設計をしているか?の質問と回答(セキュリティ編)「AWS Well-Architected Framework」 | DevelopersIO

おわり

何となくでAWSの設計してたり、運用で何を気をつければいいのかわからなくなった場合はこのドキュメントを照らし合わせながらやるのもよいかも。